草本類の花粉症によるきゅうりアレルギー

花粉症というとスギやヒノキなどのように樹木の花粉だけと思えわれがちですが、草本類のイネ科、キク科などの植物の花粉症も近年増えています。イネ科のカモガヤやセイタカアワダチソウ、キク科のブタクサやヨモギなどの草本類は、空き地や公園など特に子供が日常接しやすい場所に生息していることから、子どもを中心に花粉症が増えています。
シラカバや草本類の花粉症は通常の花粉症の症状だけでなく、口腔アレルギーを発症することで知られています。口腔アレルギーとは、花粉症の人が、原因となる花粉の抗原と似た構造の抗原を持っている野菜や果物を生で食べた時に起こるアレルギーのことです。症状としては、口の中がかゆい、口唇が腫れる、喉がかゆいなどです。花粉と口腔アレルギーを引き起こす食品は分かっていて、シラカバや草本類の花粉症の人は注意が必要です。
キク科のブタクサも口腔アレルギーを引き起こす花粉症です。原因食品としては、ウリ科のメロンやスイカ、ズッキーニやきゅうり、バナナがあげられます。ですから、ブタクサの花粉症の人はきゅうりを生で食べることは特に注意が必要です。
きゅうりアレルギーが疑わしい場合は、皮膚科でアレルギーの検査をしてもらいましょう。血液検査や皮膚検査があります。通常の検査もありますが、きゅうりの場合、通常の食物で起こる即時型ではなく、遅延型といって症状がでるのが食べてから1,2日かかる場合もあるので、遅延型のIgGという抗体についての検査も行います。
きゅうりアレルギーとわかったら、きゅうりを食べないようにしましょう。同じウリ科の野菜や果物にも反応する場合があるので、なるべく食べないようにしたり、注意しましょう。