アレルギー性鼻炎予防、鼻水や微熱症状パブロンお勧め

一口にアレルギー性鼻炎といっても、通年性のものと、花粉症に代表される季節性のものがあります。いずれの場合も症状はほぼ同じで、アレルギーを引き起こすハウスダストや花粉などが原因で、ヒスタミンと呼ばれる物質が放出され、これが神経や血管に作用して、アレルギー症状が起こります。くしゃみや鼻水、鼻づまりがその特徴的で、特にくしゃみが何回も立て続けに出たり、鼻水が止まらなかったりということもよくあります。また、微熱が出ることもあります。
このような症状を抑えるには、パブロンの鼻炎カプセルがお勧めです。パブロンの鼻炎カプセルにはZとSの2つの種類があります。Zの方は抗アレルギー作用があり、症状が出る前にブロックするので、くしゃみや鼻水、あるいは微熱などの症状に悩まされることがありません。一方Sの方は抗ヒスタミン作用に優れていて、既に出てしまった症状を和らげる作用があります。ですから、アレルギー性鼻炎や花粉症のある人は、パブロンの鼻炎カプセルのどちらか、あるいは両方を準備しておくと便利です。もちろん、マスクによる花粉への対処をすることも忘れないでください。
また鼻水や微熱が出るんので、アレルギーか思って鼻炎カプセルを飲んだけど、それでも治らないということもあります。このような場合は、アレルギーではなく風邪である可能性が高いです。鼻炎カプセルでなく、風邪薬で対処するようにしましょう。通常風邪の場合は、熱が高くなるのみならず、咳や喉の痛みなどが起きるのですぐに見分けがつきます。しかし、もし市販薬で対応できない時には、インフルエンザや咽頭炎、あるいは扁桃炎などの病気も考えられますので、できるだけ早く内科または耳鼻咽喉科を受診するのがいいでしょう。